米・トランプ大統領 薬価下げに意欲 一般教書演説で「最優先課題のひとつ」

公開日時 2018/02/08 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米ドナルド・トランプ大統領は、1月30日に行った一般教書演説で、薬価の高騰問題について、「政権にとって、最優先課題のひとつだ」と述べた。米国での薬価が高いことは「不公平だ」として、薬価引き下げに意欲を示した。一般教書演説の中でトランプ大統領は、医療関連としては、いわゆるオバマケアの撤回、オピオイド乱用問題、薬価の高騰問題に言及した。薬価については、「同じ薬剤に対して諸外国の人が払う額は、米国人よりもはるかに安い。非常に、非常に不公平だ」と指摘した。トランプ大統領は、1月29日に開催された、保健福祉省(HHS)のAlexAzar新長官の就任式でも、「我々は薬価を下げなければならない」との考えを表明。「患者に損害を与えている絡み合った特別な利害関係を解消しなければならない。我々は成し遂げる」と話...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/