米薬価10%近く値上げされた製品とは? 証券アナリスト

公開日時 2018/01/12 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米国では医療用医薬品で直近に値上がりし、米ヘルスケアシステムに新たに10億ドル以上の財政負担を課した製品がある。値上げ率で最大となった抗精神病薬のジプレキサ、サインバルタ、関節リウマチ治療薬ヒュミラなどが並ぶ。米銀行・保険WellsFargoのアナリスト、DavidMaris氏らのグループが、リスト薬価情報ツールであるMedi-SpanPriceRxのデータを活用して、医療用医薬品の2016年12月15日から17年1月3日の間の値上がり状況を調べた結果、同剤の米医薬専門誌「FiercePharma」1月4日号が報じた。値上げ率で最大なのは、リリー社の抗精神病薬ジプレキサの9.91%。サインバルタは9.88%だった。両剤ともすでに特許が切れ、後発品が市場にあるが、同誌は、製薬企業は後発品が上市...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

7月号特集
(Promotion)

国内市場変貌 迫られる生産性改革

製薬ビジネスモデル転換の時

 

 

7/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/