米FDA カルチノイド症候群下痢治療薬Xermeloを承認 初の経口剤

公開日時 2017/03/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は2月28日、成人におけるカルチノイド症候群に伴う下痢の治療薬Xermelo(telotristatethyl)錠剤を承認した。適応は、カルチノイド症候群に対して標準治療のソマトスタチン・アナログ単剤では効果不十分な場合の併用で、初の経口剤となる。内分泌腫瘍細胞内の過剰なセロトニン産生に介在するトリプトファン水酸化酵素をターゲットとして、カルチノイド症候群の下痢を抑える。同剤は、FDAから迅速承認、優先審査および希少疾病薬の指定を受けていた。主な副作用は、悪心、頭痛、ガンマグルタミントランスファーゼ値上昇、うつ病、鼓腸、食欲不振、発熱など。便秘を起こす可能性があり、特に便通が1日4回未満の患者の場合、便秘を悪化させる恐れがある。同剤は、米バイオベンチャーLexicon...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(1)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/