【World Topics】安静よりリハビリ:脳震盪治療に新指針

公開日時 2016/12/12 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米国では毎年約190万人の子どもがスポーツに起因する脳震盪(のうしんとう)を経験すると言われている。従来、脳震盪には徹底的な安静が何よりも重要と信じられ、患者は照明を落とした部屋で、刺激を避け、症状が消えるのを待つのがよいと言われてきた。だが、長い間最良と信じられてきたこの治療法が見直され始めている。最近の研究により、脳震盪治療には、直後の安静期間が過ぎたら、むしろ早期に積極的なリハビリを行う方が長い間安静を続けるよりも回復が早いことがあきらかになってきた。11月に小児科学会で報告されたオタワ大学の研究によれば、5~18歳までの子どもの脳震盪患者3000人を追跡調査した結果、1週間以内に運動や日常活動に復帰した子ども群では、長く安静を続けた子ども群よりも、継続的な症状の訴えが50%以上少なか...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

5月号特集
(Promotion)

 地域包括ケア時代のエリア戦略

 

 選ばれるMR・MSに 

共通目線で連携を

 

5/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/