米FDA 複雑性尿路感染症治療薬Vabomereを承認

公開日時 2017/09/08 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は、8月29日、複雑性尿路感染症治療薬Vabomere(メロペネム/バボルバクタム配合剤)を承認した。同剤は、カルバペネム系抗生物質メロペネムとβラクタマーゼ阻害剤バボルバクタムの定用量配合剤で、適応症は腎盂腎炎を含む複雑性尿路感染症(cUTI)。同剤については、医療現場で問題化している薬剤耐性菌発生の抑制や抗菌剤の有効性を維持するために、感受性菌によって同疾患が引き起こされていることが確認されたか、もしくは強く疑われる場合にのみの使用となっている。同剤の主な副作用は、頭痛、注射部位反応および下痢など。また、アレルギー反応の発現リスクがあるため、βラクタム系抗生物質に対してアナフィラキシーショックの病歴のある患者への投与は禁忌である。なお、同剤については、特定感染症製...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

9月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

 

 

9/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/