米FDA 昇圧剤Giaprezaを承認

公開日時 2018/01/09 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は12月21日、敗血症性もしくはその他の血液分布異常性ショックによる低血圧に対する昇圧剤・Giapreza(アンジオテンシンII)を承認した。同剤は、米LaJollaPharmaceuticalCompany社(本社:米国・カリフォルニア州サンディエゴ)が製造する静脈注射剤で、FDAから優先審査の指定を受けていた。同剤は、321例の患者を対象にプラセボ対照臨床試験を実施し、プラセボ群に比べ、有意に血圧を上昇させた。他の既存の昇圧剤に同剤が追加投与された場合でも効果的に血圧を上昇させた。重篤な副作用として、深部静脈血栓など動脈および静脈血栓など血栓症を起こす可能性が指摘されている。LaJollaPharmaceutical社のGeorgeFTidmarsh社長兼CEOは...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

5月号特集
(Promotion)

動き出した製薬ビジネスの産業構造転換

開発、営業、流通 全ステージに変革求める

 

 

5/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/