MS疾患修飾治療薬 医療費節減に貢献:米コホート研究

公開日時 2017/11/08 03:50
  • Twitter
  • 印刷
多発性硬化症(MS)に対する疾患修飾薬(DMT)は、医療資源の有効活用を示すとともに再発率を低下させるということがレトロスペクティブなコホート研究で示されたことが分かったとPhRMA(米国研究製薬工業協会)が10月24日に発表した。PhRMAが紹介したコホート研究は、米リバーサイド・メソジスト病院オハイオ・ヘルス・多発性硬化症センター(オハイオ州コロンバス)のJacquilineNicholas博士のチームおよび米バイオジェン社の研究者による共同研究で、2012年から2015年のTruvenMarketScanCommercialCalimsという保険請求データベースに基づいて、MSに対するフマル酸ジメチル(DMF)、インターフェロンβ(IFN-β)、グラチラマー、テリフルノミド、フィンゴモ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/