米FDA LSD初の新生児スクリーニングシステムを承認

公開日時 2017/02/14 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は2月3日、新生児における希少遺伝性代謝疾患であるリソソーム蓄積症(LSDs)に対する初の新生児スクリーニングシステムTheSeekerSystemを承認した。TheSeekerSystemの対象となる疾患は、ムコ多糖症I型(MPSI)、ポンペ病、ゴーシェ病およびファブリー病の4つである。同剤は、これら疾患に対する、FDAが承認した初の新生児スクリーニングシステムとなった。システムは、TheSeekerLSD試薬キット‐IDUA/GAA/GBA/GLA(いずれも4つの疾患において、いずれかが欠損しているライソゾーム酵素名)とTheSeekerと称する機器とで構成される。生後24~48時間の新生児のかかとの穿刺により採取した乾燥血液を標本として、健常児のリソソーム蓄積量...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

4月号特集
(Promotion)

地方発 動き出した産業構造改革

製薬業界もヘルスケア産業へ

転換の時

 

4/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/