米FDA MCL治療薬アカラブルチニブを承認

公開日時 2017/11/09 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は10月31日、英アストラゼネカ社のマントル細胞リンパ腫(MCL)治療薬Calquence(アカラブルチニブ)を承認した。適応症は、成人における少なくとも1つ以上の受療歴のあるMCL。がん細胞の生存や増殖に関与する酵素であるブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)の活性を阻害するBTK阻害剤と呼ばれるクラスの薬剤である。主な副作用は、頭痛、下痢、疲労感、筋肉痛、貧血、血小板減少症及び好中球減少症など。重篤な副作用では、出血、感染症および心房細動など。また、一部患者では、さらにがんを発症する二次原発がんの症例が見られた。同剤は、FDAから迅速承認審査、優先審査、希少疾病薬および画期的療法(BT)の指定を受けた。FDA医薬品評価研究センター(CDER)のRichardPazd...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/