生化学と小野 開発中の「SI-613」、腱・靱帯付着部症で後期フェーズ2開始 テニス肘などが対象

公開日時 2017/10/12 03:50
  • Twitter
  • 印刷

生化学工業と小野薬品はこのほど、日本で変形性関節症治療薬として共同開発している「SI-613」について、腱・靱帯付着部症を対象にした後期フェーズ2を開始したと発表した。同剤は、生化学が独自の技術でヒアルロン酸と非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を化学結合した徐放製剤(注射剤)で、関節腔内に直接投与する。

変形性関節症の治験は現在フェーズ3だが、今回発表した治験はこの適応症に加えて、腱・靭帯付着部症の適応症取得を目指して実施するもの。同症は、膝や肘、かかとなどの骨や筋肉と、腱・靭帯が結合している部位に、過度の負荷が要因となって起きる炎症性疾患で、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、足底腱膜炎、膝蓋腱炎(ジャンパー膝)、アキレス腱付着部症などがあるという。これらの疾患で薬物治療を受けている国内推定患者数は年間約90万人としている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/