FDAのGottlieb長官 オピオイド乱用対策強化に意欲

公開日時 2017/06/23 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)のScottGottlieb長官は6月13日、社会問題化している医療用オピオイド乱用について乱用防止対策の強化を進めるとする声明を発表した。法規制も含めて検討する委員会を新たに設置する考えを示した。対策の実効性を重視し、新規の中毒例を減少させる目的で行う手段(方法)の評価を重視する考え。オピオイド乱用について、FDAは公衆衛生対策のなかでも力点を置いているが、長官自らが就任早々その対策強化を訴えるのは、それだけ事態が深刻化していることを浮き彫りにするものといえる。Gottlieb長官は、製薬企業は乱用防止装置付き薬剤開発に力を入れており、一定の効果が出始めている。「FDAは一体となって乱用蔓延の防止についてあらゆる側面から取り組んでいる」と述べた。ただ一方で、乱用を解...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

9月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

 

 

9/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/