米FDA 遅発性ジスキネジア治療薬Ingrezzaを承認

公開日時 2017/04/18 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は4月11日、米NeurocrineBiosciences社(本社:カリフォルニア州サンディエゴ)の遅発性ジスキネジア治療薬Ingrezza(バルベナジン)カプセルを承認した。適応は、成人における遅発性ジスキネジアで、同疾患に対してはFDA初の承認薬である。Ingrezzaは、VMAT2(小胞モノアミン輸送体2)阻害剤と呼ばれる薬剤である。VMAT2阻害剤は、シナプス小胞へのドパミンなど神経伝達物質の取り込みを減少させ、不随意運動に関与するドパミン神経系を正常に機能させる。Ingrezzaは、画期的新薬指定(BTD)ほか優先審査および迅速審査の指定を受けた。FDA医薬品評価研究センター(CDER)のMicthelMathis精神医学製品部長は、「遅発性ジスキネジアは患...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタル活用で成功するMR流仕事術

訪問頻度の減少をチャネルでカバーせよ!

 

 

12/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/