英競争市場庁 ファイザー社、Flynn社に抗てんかん薬の薬価値上げで罰金課す

公開日時 2016/12/14 03:50
  • Twitter
  • 印刷
英国競争市場庁(CMA、公正取引委員会に相当)は12月7日、ファイザー社と英医薬品流通業者FlynnPharma社に対し、抗てんかん薬Epanutin(フェニトイン)をめぐり、罰金を科したと発表した。同剤を過剰かつ不公正な価格で同製品を供給、不当にNHS(国民保健サービス)に損害を与え、競争法に違反したとの事実認定を行った。ファイザー社には、史上最高額となる8420万ポンド(121億2480万円:1ポンド=144円換算)、Flynn社に520万ポンド(7億4880万円)の罰金を課した。CMAの発表によると、ファイザー社は、Epanutinの製品名でフェニトインをNHSに100mgカプセル剤1パックを2.83ポンドで供給していたが、2012年9月に同剤の英国における販売権をFlynn社に売却し...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/