アステラス製薬 SGLT2阻害薬スーグラ、「1型糖尿病」の適応追加申請

公開日時 2018/01/12 03:50
  • Twitter
  • 印刷

アステラス製薬と寿製薬は1月11日、共同開発したSGLT2阻害薬スーグラ錠(一般名:イプラグリフロジン L-プロリン)の効能・効果に「1型糖尿病」を追加する承認申請を日本で行ったと発表した。申請は同日にアステラスが行った。日本では「1型糖尿病」の適応を持つSGLT2阻害薬はない。糖尿病患者のうち1型糖尿病患者は約6%という。

同剤はSGLT2 を選択的に阻害することでブドウ糖の再取り込みを抑制し、血糖値を下げるとされる。日本で最初に発売されたSGLT2阻害薬で2014年4月から2型糖尿病の適応で販売され、アステラスが製造販売し、寿製薬とMSDがコ・プロしている。アステラスは2018年3月期(17年度)決算で117億円の売上を予想している。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

5月号特集
(Promotion)

動き出した製薬ビジネスの産業構造転換

開発、営業、流通 全ステージに変革求める

 

 

5/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/