米FDA チャーグストラウス症候群にNucalaを承認

公開日時 2017/12/18 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は12月12日、英グラクソ・スミスクライン(GSK)社の抗インターロイキン(IL)-5抗体医薬Nucala(メポリズマブ)について好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の適応追加を承認した。適応は、チャーグストラウス症候群として知られるEPGA。EPGAは血管壁に炎症を起こす極めて稀な自己免疫疾患で、全世界で100万人当たり年間約0.11~2.66人が新規に同疾患と診断され、全体の罹患率は100万人当たり10.7~14人といわれる。同疾患の症状は血管の炎症によるため、肺、消化器、心臓など各臓器や皮膚、神経系などに様々な障害を来す。メポリズマブは、抗IL-5ヒト化モノクローナル抗体で、4週に1回皮下注射を行う。IL-5は、好酸球の増殖や活性化、生存を促進するサイトカイ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

1月号特集
(Promotion)

MR生産性向上プロジェクト始動!

人財・組織再構築 企業改革への一歩

 

 

1/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/