EAファーマ、キッセイ薬品 潰瘍性大腸炎治療薬レクタブルを7日発売 初の泡状製剤、患部に留まり作用

公開日時 2017/12/07 03:51
  • Twitter
  • 印刷

EAファーマとキッセイ薬品は12月6日、潰瘍性大腸炎治療薬レクタブル2mg注腸フォーム(一般名:ブデソニド、開発番号「AJG511」)を7日に発売すると発表した。国内初の泡状の注腸製剤(注腸フォーム製剤)で、泡状のため、直腸及びS状結腸に到達した薬剤が局所に留まり、投与後に薬剤が漏れにくいのが特徴。局所作用型ステロイド薬のため、ステロイドに起因する全身性の副作用の低減が期待できる。

両社が、同一製品名でそれぞれ販売する。効能・効果は「潰瘍性大腸炎(重症を除く)」。成人には1回あたり1プッシュ(ブデソニドとして2mg)、1日2回直腸内に噴射して用いる。これまで潰瘍性大腸炎の適応を持つ注腸剤は、いずれも液剤だった。薬価は48mg30.8g1瓶 6940.60円。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/