米FDA CAR-T療法YescartaをB細胞リンパ腫の適応で承認 ギリアドの製品群に

公開日時 2017/10/24 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は10月18日、米カイトファーマ社(本社:カリフォルニア州サンタモニカ)のCAR-T(キメラ抗体受容体T細胞)療法Yescarta(axicabtageneciloleucel)についてびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の適応で承認した。カイトファーマ社は、米ギリアド・サイエンシズ社に今年8月30日、総額119億ドルで買収しており、同剤はギリアド社の製品群に加わることになる。CAR-T療法とは、患者のT細胞を採取、リンパ腫細胞を標的としたキメラ抗原受容体を発現するように遺伝子改変させ、患者の体内に戻す治療法だ。同剤は、FDAが今年8月30日にスイス・ノバルティス社の急性白血病治療薬Kymriahを承認して以降、2剤目のFDA承認の遺伝子療法製品となった。適応...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/