米FDA DMD治療薬Emflazaを承認

公開日時 2017/02/15 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は2月9日、5歳以上の小児ならびに成人におけるディシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬Emflaza(daflazacort)を承認した。同剤は、免疫系の活動を低下させ、炎症を抑制するコルチコステロイド剤。DMDは、筋細胞を損傷から守るジストロフィン遺伝子の欠損により筋細胞が破壊、変性し、筋力が低下、進行により日常活動が制限されるばかりでなく、心筋や呼吸筋の損傷により心障害や呼吸障害を引き起こす、遺伝性の進行性疾患。初期症状は通常、3~5歳で発現する。20~30代で死亡するケースが多いが、重症度によって平均余命は様々である。基本的に男性のみが発症する。全世界では、幼児3600人に1人が罹患するという。コルチコステロイドはDMDに対して世界中で使用されているが、米...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタル活用で成功するMR流仕事術

訪問頻度の減少をチャネルでカバーせよ!

 

 

12/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/