米FDA 物質使用障害の治療支援スマホ用アプリを承認 

公開日時 2017/09/29 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は9月14日、物質使用障害(SUD)の治療を支援する、初のスマホ用アプリケーションを承認した。同アプリケーションは、reSETと呼ばれ、アルコール、コカイン、マリファナおよび覚せい剤などのSUD外来患者向けのものである。オピオイド依存症患者は適応となっていない。FDA医療機器・放射線保健センター(CDRH)のCariosPena神経学・物理学療法部長は、「今回の承認は、革新的なデジタル技術が患者に対して治療中に新たな治療オプションへアクセスするのを支援することが出来る実例となる」と指摘したうえで、「より多くの治療ツールが登場することは、SUD患者にとって物質乱用抑制を含むアウトカム改善に大きく役立つことを意味する」とコメントした。米国薬物乱用・精神保健サービス局(SA...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/