PhRMA 輸入反対声明 日本の偽造薬問題にも言及

公開日時 2017/02/17 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米国では現在、高薬価対策の一環として、医薬品の輸入解禁が論議されているが、PhRMA(米国研究製薬工業協会)は2月13日、安全性の観点などから輸入に反対する声明を発表した。その中で、偽造医薬品問題について製品名の名指しこそしないものの日本のC型肝炎治療薬ハーボニー配合錠の偽造医薬品に言及した。PhRMAは、米国は閉鎖されたサプライチェーンにより偽造医薬品や変造医薬品からは最も安全な体制となっているが、それらの脅威はなくなっていないと指摘、輸入を解禁するとこのリスクは劇的に増えるとの懸念を示した。その上で、最近の偽造医薬品の製造業者/流通業者(偽造者)の工作が巧みになっている現状を説明。C型肝炎治療薬偽造医薬品の国際的流通実態を紹介した。PhRMAは、イスラエルでC型肝炎治療薬偽造品が発見され...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

6月号特集
(Promotion)

エリアマーケティング新時代

地域戦略強化、

総力戦で商機を捉える

 

 

6/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/