PhRMA トランプ大統領との官民対話を評価

公開日時 2017/02/08 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米国研究製薬工業協会(PhRMA)は1月31日、PhRMAのStephenJUbl理事長兼CEOや大手製薬企業CEOが同日、ドナルド・トランプ大統領との官民対話を受け、「前向きで生産的なのものだった」と評価する声明を発表した。Ubl理事長兼CEOによると、世界における米国の競争力強化、米国での雇用創出、世界をリードする米国バイオ・医薬品産業の維持のほか、各国と公平な立場で貿易協定の締結、投資促進を目的とした税制改革、米国での雇用創出、経費増とイノベーションを遅延させるばかりの時代遅れの規制撤廃などがテーマになったという。同理事長兼CEOは、「これらの政策が具体化すれば、バイオ・医薬品産業は成長し、今後10年間で35万人に上る雇用が生まれることを信じている」と話した。「我々医薬品業界は、医薬品...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/