シミックHD・2017年9月期 CSO事業は6.9%減収 MR派遣ニーズ「調整局面」

公開日時 2017/11/14 03:50
  • Twitter
  • 印刷

シミックホールディングス(HD)が発表した2017年9月期通期決算によると、CSO事業は前年度実績と比べ6.9%の減収だった。理由は「MR派遣業務のアウトソーシングニーズが調整局面にある」ためとしている。

CSO事業はシミック・アッシュフィールドが行っている。MR派遣のほか、需要が高まっているというメディカル・アフェアーズ領域のサービス提供なども進めてきたが、売上高は68億8500万円、6.9%減、営業利益は4億1500万円、8.3%減だった。

CSO事業の18年9月期は、売上高73億円、6.0%増、営業利益4億5000万円、8.4%増の増収・営業増益を見込む。MR派遣の受注強化、新規サービスモデルの営業活動を推進するとしている。

17年9月期の事業全体の業績では、CRO、SMOの事業が牽引し、売上高は652億円8200万円、5.2%増、営業利益は38億9700万円、15.9%増。18年9月期は8.0%の増収、10.3%の営業増益を見込む。

<訂正>(2017年11月14日15時)
決算期を誤って表記していました。下線部を修正しました。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/