記事を検索 検索したい記事の種類を選択してください。

記事一覧

塩野義製薬はこのほど、米Sage Therapeutics社が新規抗うつ薬として開発している「SAGE-217」について、日本、台湾、韓国での独占的な開発・販売に関する契約を締結したと発表した。    (→続きはこちら)

日医工は6月18日、共和薬品が承認申請中の関節リウマチなどに用いるエンブレルのバイオ後続品を導入する契約を締結したと発表した。     (→続きはこちら)

鳥居薬品はこのほど、スギ花粉症に対するアレルギー免疫療法薬のシダキュアスギ花粉舌下錠を6月29日に新発売すると発表した。    (→続きはこちら)

アインホールディングスは6月18日、愛知県の国家戦略特区でオンラインでの服薬指導(=薬剤遠隔指導)ができるようにするため、県への手続きを始めたと発表した。    (→続きはこちら)

ファイザーと武田薬品は6月18日、関節リウマチ治療薬エンブレル(一般名:エタネルセプト(遺伝子組換え))の新剤形となる「エンブレル皮下注25mgペン0.5mL」を同日に新発売したと発表した。    (→続きはこちら)

アボットはこのほど、患者の胸部皮下に埋め込んだ機器を通じて、心臓の心拍データを患者自身のスマートフォンに記録、担当医師に送信できるシステムを開発し、保険適用されたと発表した。     (→続きはこちら)

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

6月号特集
(Promotion)

MR数調査2018年版

MR数の減少 加速鮮明に

ビジネスオーナー型MRの育成急務

 

 

6/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/