プレミアコンテンツのご案内【医薬ランキング】記事サンプルです。

MR1人当たり生産性【2011年度】

エクセルデータダウンロード

  会社名 MR数(11年) 1人当たり生産性
(百万円)
前年度
1 武田薬品 2,000 296.1 289.2
2 日医工 266 291.7 252.4
3 エーザイ 1,440 230 211.7
4 アステラス製薬 2,400 225 219
5 サノフィ・アベンティス 1,530 206.1 155.3
6 ヤクルト本社(医薬) 194 203 219.6
7 参天製薬 443 200.6
8 田辺三菱製薬 1,795 198 189.9
9 日本ベーリンガーインゲルハイム 1,050 190.3 140.6
10 中外製薬 1,735 186.7 191
11 ファイザー 3,068 182.3 188.4
12 共和薬品 78 176.3
13 第一三共 2,372 172.8 175.2
14 沢井製薬 392 169.4 205.5
15 大塚ホールディングス 1,949 167.5 166.5
16 ノボ ノルディスクファーマ 621 158.2 153.4
17 グラクソ・スミスクライン 1,971 148.5 132.2
18 MSD 2,416 143.5 119.2
19 小野薬品 1,011 135.7 127.3
20 ノバルティス ファーマ 2,330 135.5 119.1
21 大日本住友製薬 1,456 134 141.4
22 アストラゼネカ 1,779 130.2 133
23 日本イーライリリー 1,243 128.3 138.3
24 扶桑薬品 347 127.1 146.6
25 あすか製薬 290 126.6 109.2
26 ブリストル・マイヤーズ 445 123.1 113.7
27 富士製薬 180 120.1 118.7
28 キョーリン製薬ホールディングス 768 118.6 118.9
29 ツムラ 777 116.4 115.5
30 大正製薬ホールディングス 816 114.1 112.8
31 持田製薬 752 109.5 95
32 バイエル薬品 1,535 107.5 112.4
33 塩野義製薬 1,540 106.7 104.3
34 鳥居薬品 473 102.5 92.6
35 科研製薬 768 100.2 102.1
36 日本ケミファ 263 96.8 92.8
37 東和薬品 506 96.3 110.4
38 興和創薬 933 95.4 91.6
39 アルフレッサファーマ 135 84.2
40 日本新薬 656 82.7 91.9
41 旭化成ファーマ 747 76.4 73.1
42 三和化学 491 71.8 75.5
43 キッセイ薬品 724 63.9 59.1
  • 生産性は、11年度国内医療用薬売上高(本誌調査で判明した社のみ)を本誌11年MR数アンケート(11年6月号掲載)のMR数(一部社修正)で割ったもの
  • 大塚ホールディングスは大塚製薬と大鵬薬品のMR数を合算

トップは武田 2億円超企業が7社

11年4月1日時点のMR数を11年度の国内医療用医薬品売上高で割ってMR1人あたり生産性を算出したところ、武田薬品が昨年に引き続きトップ。同社のMR総数は前年と変わらないものの、1人当たり生産性は、昨年より約700万円増の2億9610万円と健闘した。2位にはジェネリック専業メーカーの日医工が入り、1人あたり生産性は2億9170万円となった。3位はエーザイで、2億3000万円となった。上位3社ともに、1人あたり生産性は前年に比べて増加した。

全体的な傾向をみると、MR1人あたり生産性の2億円超えは、武田薬品、日医工、エーザイ、アステラス製薬、サノフィ・アベンティス、ヤクルト本社、参天製薬の7社。上位企業は概ね前年水準をキープしている。大きく伸長したのはサノフィ・アベンティスで、1人当たり生産性は前年比5000万円増の2億600万円となった。

エクセルデータダウンロード

プレミアコンテンツのご案内【医薬ランキング】記事サンプルです。

MR1人当たり生産性【2011年度】

エクセルデータダウンロード

  会社名 MR数(11年) 1人当たり生産性
(百万円)
前年度
1 武田薬品 2,000 296.1 289.2
2 日医工 266 291.7 252.4
3 エーザイ 1,440 230 211.7
4 アステラス製薬 2,400 225 219
5 サノフィ・アベンティス 1,530 206.1 155.3
6 ヤクルト本社(医薬) 194 203 219.6
7 参天製薬 443 200.6
8 田辺三菱製薬 1,795 198 189.9
9 日本ベーリンガーインゲルハイム 1,050 190.3 140.6
10 中外製薬 1,735 186.7 191
11 ファイザー 3,068 182.3 188.4
12 共和薬品 78 176.3
13 第一三共 2,372 172.8 175.2
14 沢井製薬 392 169.4 205.5
15 大塚ホールディングス 1,949 167.5 166.5
16 ノボ ノルディスクファーマ 621 158.2 153.4
17 グラクソ・スミスクライン 1,971 148.5 132.2
18 MSD 2,416 143.5 119.2
19 小野薬品 1,011 135.7 127.3
20 ノバルティス ファーマ 2,330 135.5 119.1
21 大日本住友製薬 1,456 134 141.4
22 アストラゼネカ 1,779 130.2 133
23 日本イーライリリー 1,243 128.3 138.3
24 扶桑薬品 347 127.1 146.6
25 あすか製薬 290 126.6 109.2
26 ブリストル・マイヤーズ 445 123.1 113.7
27 富士製薬 180 120.1 118.7
28 キョーリン製薬ホールディングス 768 118.6 118.9
29 ツムラ 777 116.4 115.5
30 大正製薬ホールディングス 816 114.1 112.8
31 持田製薬 752 109.5 95
32 バイエル薬品 1,535 107.5 112.4
33 塩野義製薬 1,540 106.7 104.3
34 鳥居薬品 473 102.5 92.6
35 科研製薬 768 100.2 102.1
36 日本ケミファ 263 96.8 92.8
37 東和薬品 506 96.3 110.4
38 興和創薬 933 95.4 91.6
39 アルフレッサファーマ 135 84.2
40 日本新薬 656 82.7 91.9
41 旭化成ファーマ 747 76.4 73.1
42 三和化学 491 71.8 75.5
43 キッセイ薬品 724 63.9 59.1
  • 生産性は、11年度国内医療用薬売上高(本誌調査で判明した社のみ)を本誌11年MR数アンケート(11年6月号掲載)のMR数(一部社修正)で割ったもの
  • 大塚ホールディングスは大塚製薬と大鵬薬品のMR数を合算

トップは武田 2億円超企業が7社

11年4月1日時点のMR数を11年度の国内医療用医薬品売上高で割ってMR1人あたり生産性を算出したところ、武田薬品が昨年に引き続きトップ。同社のMR総数は前年と変わらないものの、1人当たり生産性は、昨年より約700万円増の2億9610万円と健闘した。2位にはジェネリック専業メーカーの日医工が入り、1人あたり生産性は2億9170万円となった。3位はエーザイで、2億3000万円となった。上位3社ともに、1人あたり生産性は前年に比べて増加した。

全体的な傾向をみると、MR1人あたり生産性の2億円超えは、武田薬品、日医工、エーザイ、アステラス製薬、サノフィ・アベンティス、ヤクルト本社、参天製薬の7社。上位企業は概ね前年水準をキープしている。大きく伸長したのはサノフィ・アベンティスで、1人当たり生産性は前年比5000万円増の2億600万円となった。

エクセルデータダウンロード

 

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

4月号特集
(Promotion)

地方発 動き出した産業構造改革

製薬業界もヘルスケア産業へ

転換の時

 

4/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

4月号特集
(Promotion)

地方発 動き出した産業構造改革

製薬業界もヘルスケア産業へ

転換の時

 

4/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告