「薬価」には複数の候補があります。
18年度診療報酬改定 本体0.5%上回るプラス改定で最終調整へ
安倍首相 薬価制度改革や遠隔診療の推進を加藤厚労相に指示 諮問会議
Azar HHS長官候補 薬価引き下げに熱意:上院公聴会
厚労省が薬価制度改革の骨子提示 製薬業界に産業構造転換迫る 業界内に戸惑いも
厚労省 新名称「革新的新薬創出等促進制度」の制度化をきょう中医協に提案 研究開発を促進
厚労省・薬価制度抜本改革案 長期収載品の薬価引下げ方針示す MRなど営業コストにメス
中医協 費用対効果評価試行的導入で企業と第三者分析に隔たり 2段階の薬価改定も
田村元厚労相 18年度診療報酬改定「本体プラス」に意欲 薬価の全品目毎年改定には反対
新薬イノベーションめぐり企業経営者から相次ぐ苦言 来日中の米メルク・フレージャーCEOは改革論議に不信感
中医協・費用対効果合同部会 試行的導入で「効果高く医療費削減」品目は薬価引上げも
中医協・費用対効果合同部会が初会合 評価に伴う薬価引上げに各側が否定的見解
日米欧製薬団体 革新的新薬に新たな算定方式求める 原価計算方式に限界
中医協で業界専門委員が主張 新薬創出加算の制度化を改めて訴える
厚労省・中山薬剤管理官 毎年薬価改定 価格乖離の大きな品目は乖離率ベースで
中医協薬価専門部会 MRの販促費は薬価に反映されず 労務費に問題意識も
中医協・薬価専門部会 新薬創出加算全面リニューアル 日本発の革新的新薬創出にアクセル
中医協・薬価専門部会 長期収載品に依存しない価格体系で議論 薬価制度からも産業構造転換促す
塩崎厚労相 新薬創出加算は対象医薬品・企業要件見直し GE80%目標は2020年9月
中医協総会 一般名処方は3割超に 後発医薬品80%時代に向け処方せん変更不可欄削除も議題に浮上
薬価毎年改定 “価格乖離の大きな品目”は金額ベースも視野に議論
123456

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタル活用で成功するMR流仕事術

訪問頻度の減少をチャネルでカバーせよ!

 

 

12/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告