ファイザー 免疫抑制剤シクロスポリンで一変承認取得 非重症の再生不良性貧血にも使用可能に

公開日時 2017/12/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷

ファイザーは12月6日、免疫抑制剤のシクロスポリンカプセル「ファイザー」、同細粒17%「ファイザー」の「再生不良性貧血」における効能・効果、用法・用量の一部変更承認を取得したと発表した。これまでの「再生不良性貧血(重症)」から標準先発品と同一の「再生不良性貧血」となり、非重症例にも使用できるようになった。用法・用量は「1日量6mg/kgを1日2回に分けて経口投与する。なお、患者の状態により適宜増減する」とした。同剤は、ネオーラルの後発医薬品。製造販売元はマイラン製薬、販売元はファイザー。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタル活用で成功するMR流仕事術

訪問頻度の減少をチャネルでカバーせよ!

 

 

12/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/