肺がん適応のがん免疫療法薬 2番手のキイトルーダで選択肢広がる

公開日時 2017/09/13 00:00
  • Twitter
  • 印刷
2次治療以降オプジーボとの投与間隔の違い、患者にとってわかりやすい選択材料に2017年2月15日に、国内2番手の免疫チェックポイント阻害薬(がん免疫療法薬)で抗PD-1抗体のキイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ)が発売された。切除不能な進行・再発非小細胞肺がんに対し、国内で1次治療と2次治療において初めて使用でき、かつ初のコンパニオン診断薬と併せて用いる免疫チェックポイント阻害薬である。先に上市し、2次治療以降の肺がん適応を持つ同系統のオプジーボとの使い分けも注目されるところ。そこで今回は、両剤の有用性を改めて確認するとともに、注目を集めている臨床上の位置づけも占ってみたい。免疫チェックポイント阻害薬のキイトルーダとオプジーボの肺がん適応について、効能・効果、用法・用量などを一覧表にまとめ...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(2)

 

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

9月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

 

 

9/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/