C型肝炎・IFNフリー療法 4番手のエレルザ+グラジナ登場 様々な背景患者に使用可

公開日時 2017/03/29 00:00
  • Twitter
  • 印刷
2016年11月18日、MSDは経口C型肝炎治療薬で、ジェノタイプ1型の適応を持つインターフェロン(IFN)フリー療法として4番手となるNS5A阻害薬エレルサ(一般名:エルバスビル)とNS3/4A阻害薬グラジナ(同グラゾプレビル水和物)を発売した。両剤は併用して用いる(以下、「エレルサ+グラジナ」と表記)。ジェノタイプ1型に対するIFNフリー療法としては治癒率の面で最強といわれるハーボニー配合錠があるなか、エレルサ+グラジナがどのような存在感を発揮するか、臨床上の意義があるのか注目されるところ。そこで今回は、エレルサ+グラジナとハーボニーにフォーカスして、その特徴を分析する。文末の関連ファイルで、エレルサ+グラジナ、ハーボニー、ヴィキラックスについて、効能・効果、用法・用量、安全性、有効性な...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/