【リスト公開】17年1月版 企業別パイプラインリスト P3以降の品目数トップはファイザー 内資系最多は小野

公開日時 2017/01/01 00:02
  • Twitter
  • 印刷
ミクス編集部が製薬企業64社を対象にまとめた「新薬パイプラインリスト17年1月改訂企業別」によると、日本でフェーズ3(以下P3、P2/3含む)~承認申請中にある開発後期の品目数(=プロジェクト数)は計448品目となった。企業別のトップはファイザーの33品目、2位はノバルティスの29品目、3位は小野薬品の26品目だった。開発後期品が20品目以上あるのは、これら3社にアストラゼネカ(22品目)を加えた計4社となる。文末の「関連ファイル」から、企業別の開発パイプラインリストをダウンロードできます。ファイザーの開発後期品で特に注目は、16年10月に申請した転移性乳がんに用いるCDK4/6阻害薬パルボシクリブだろう。細胞周期の調節に主要な役割を果たすサイクリン依存性キナーゼ(CDK4/6)を選択的に阻...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/