米FDA 膝軟骨修復細胞移植Maciを承認 組織工学適用初の承認

公開日時 2016/12/21 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は12月13日、成人患者における症候性の膝軟骨全層欠損の修復を目的とした移植技術Maci(ブタ由来コラーゲン膜上自家培養軟骨細胞)を承認した。Maciは、ブタ由来コラーゲン膜を足場として患者自身の膝からの健常な軟骨を移植、軟骨細胞を成長させるという組織工学のプロセスを適用した最初のFDA承認製品となった。Maciは、欠損または損傷した組織が除去された部位に移植する生体吸収性のブタ由来コラーゲン膜上に広げられる自家軟骨細胞で構成されている。平方センチメートル(約0.16平方インチ)あたり50~100万細胞を含む小さな細胞シート。移植には特に訓練を受けた外科医によって行うことが義務付けられている。投与量は、軟骨欠損のサイズに依存し、損傷部位が完全に覆われるようにトリミング...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌


 

2月号特集
(Promotion)

AI時代のMRサバイバル

Webも駆使して

実臨床のサポートを

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/