ニュースランキング

三和化学 早期退職者を募集 150人程度

スズケンは10月13日、連結子会社の三和化学研究所において早期退職希望者を募集すると発表した。

2017/10/16

マルホ 血行促進・保湿剤ヒルドイドの美容目的使用に注意喚起 薬機法に抵...

マルホは10月18日、血行促進・保湿剤ヒルドイドクリーム、同軟膏、同ローション(ヘパリン類似物質)について、一部の雑誌やインターネット上に、美容目的での使用を勧めていると受け取られかねない記事が掲載していることについて、適応外使用の推奨は薬機法に抵触するおそれがあるとして、注意を呼びかける文書を発表した。

2017/10/19

厚労省 新たな重大な副作用で添付文書改訂を指示 DPP-4阻害薬トラゼ...

厚労省医薬・生活衛生局は10月17日、新たな重大な副作用などが判明した医療用医薬品の添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知で指示した。

2017/10/18

多発性骨髄腫治療薬市場 25年までに1000億円超え 富士経済調べ

富士経済はこのほど、多発性骨髄腫治療薬市場が2025年に1163億円に達するとの市場予測を発表した。

2017/10/17

エーザイ 抗リウマチ薬イグラチモドを単独販売へ、18年1月以降

エーザイ、富山化学、大正製薬は10月13日、いわゆる一物二名称で展開している抗リウマチ薬イグラチモド(一般名、製品名:コルベット錠/ケアラム錠)について、2018年1月から、エーザイが単独販売すると発表した。

2017/10/16

Monthlyミクスランキング

アステラス製薬株式会社 吉田 宏之 さん

アステラス製薬営業本部の営業戦略部に所属する吉田宏之さんは、営業体制を提案するのが仕事だ。

2017/09/30

最高殊勲MRは吉田真幸さん(武田薬品)

「MR-1コンテスト 2017」が、東京・品川の星薬科大学で開催された。テーマは「人工知能に立ち向かえ! MR減少時代に生き残れるか」。

2017/09/30

【PART1】本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

ミクス編集部は病院薬剤部を対象に、2016年7月以降に薬価収載され、発売された新薬の採用状況を調査した。

2017/09/30

【PART2】変わる薬剤購入マインド

ミクス編集部は、病院薬剤部に医薬品購入についての意識調査を行った。地域医療連携推進法人で注目を集める「共同購入」だが、まだ動きは遅い。

2017/09/30

“ZEUS”始動 MRに行動変容促す

田辺三菱製薬は、デジタルマーケティング・プロジェクト「ZEUS」をスタートさせた。

2017/09/30

医療ランキング

製品売上高(100億円以上)【2016年度】

オプジーボが1000億円を突破 前年度5倍増売上上位の製品をみると、トップのC型肝炎治療薬ハーボニー(ギリアド)は、薬価改定で、特例拡大再算定(=年間販売額が極めて大きい品目に対する再算定ルール)が適用され、薬価が31.7%下がったものの、16年度も大きく成長した。がん免疫療法薬オプジーボ(小野)の売上高が1000億円を突破。2015年の非小細胞肺がんへの適応拡大で、大幅に適応患者が増えたことによ...

製薬企業年間平均給与ランキング【2016年度】

第一三共が平均給与額トップに返り咲き日本製薬工業協会と日本ジェネリック製薬協会加盟の東証一部上場企業41社の社員の年間平均給与を調べたところ、唯一1100万円台に乗せた第一三共がトップに返り咲いた。平均給与1000万円台乗せは、同社、大塚ホールディングス(HD)、アステラス製薬、エーザイという、恒例の4社に、業界トップの武田薬品が加わった。前年トップの大塚ホールディングスは、僅差で2位にダウンし、...

医療用医薬品売上高(国内)【2016年度】

上位10社中減収は4社 第一三共が国内トップを奪取編集部による製薬各社アンケート(対象86社、回答65社)と決算資料、取材から16年度決算データをまとめたところ、国内医療用薬売上高上位10社中、減収となったのは4社にとどまった。16年度は薬価改定年のため、企業経営にマイナスの影響を及ぼすとの見方が一般的だが、新薬を持つ企業の躍進が目立つなど、全体としては健闘したといえそうだ。個別企業に目を移すと、...

医療用医薬品売上高(国内)【2015年度】

調査方法及び注釈◯調査:各社アンケート(対象79社)及び決算資料で業績が確認できた社を集計◯IFRS(国際会計基準)による記載:武田薬品、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、中外製薬、小野薬品、参天製薬◯*は薬価ベース◯大塚HD、中外製薬、鳥居薬品、協和発酵キリン、ノーベルファーマは15年12月期◯マルホ、富士製薬は15年9月期◯久光製薬は16年2月期◯扶桑薬品は非連結◯第一三共は日本カンパニー(...

医師国家試験の大学別合格状況(2017年)

合格率が90%の大台割り込む第111回試験の合格率は88.7%と、前回より2.8ポイント下回り、90%台の大台を割り込んだ。合格率が最も高かった自治医大は、101人全員が合格を果たした。前回は、すべての大学が合格率80%超だったが、今回は合格率70%台が5校となり、全体の数値を押し下げた。受験者数は9618人でうち新卒は8828人。新卒の合格者数は8104人で、合格率は91.8%だった。

 

 

 

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告