ニュースランキング

薬食審 3月1日に第一部会 2型糖尿病に用いる「スージャヌ配合錠」など...

厚労省は3月1日に新薬の承認の可否などを検討する薬食審・医薬品第一部会を開催する。

2018/02/16

高知県の近森病院 院長を懲戒解雇 県条例違反の疑い報道を受け

高知県高知市の社会医療法人近森会近森病院は2月9日の臨時理事会で、同院の院長に係る不祥事の報道を受け、近森正康院長の懲戒解雇を決定した。

2018/02/13

MR中途採用 求人件数は減少 買い手市場に

MRの中途採用は、製薬会社、CSOにおける求人件数が減り、買い手市場状態にあることが、複数の人材支援企業などの取材で分かった。

2018/02/15

厚労省・中井機器課長 薬剤師と医師連携で“服用後”の薬物療法管理を M...

厚生労働省医薬・生活衛生局医療機器審査管理課の中井清人課長は2月11日、都内で開催した昭和大学薬学部同窓会東京支部会の研修会で、地域包括ケア時代の薬剤師像について、「医師が大きな治療方針を決めた後は、薬剤師が医師と連携して薬物療法をマネジメントする。これにより、調剤技術料の2兆円の価値を生み出せるのではないか」と述べた。地域における医薬品情報の在り方についても言及。後発品の市場浸透やパイプラインの...

2018/02/13

武田薬品 4月から154営業所に拡充 地域ごとに異なる医療ニーズ、所長...

武田薬品は2月16日、国内の医療用医薬品事業を担うジャパンファーマビジネスユニット(JPBU)の事業運営体制を見直し、4月1日付けで、プライマリーケア製品を扱う「ジェネラルメディスンビジネスユニット」(GMBU)と、専門性の高い革新的な新薬を扱う「スペシャルティビジネスユニット」(SPBU)を設置すると発表した。

2018/02/19

Monthlyミクスランキング

【PART1】医師が求めるMR調査2018年版

今回の医師調査では、処方増より適正な処方・使用を促す活動にニーズがあった。今こそ、MR活動を超高齢社会時代に相応しい内容に切り替える時だ。

2018/01/31

【PART2】医師が求めるMR調査2018年版(データ編)

医師が求めるMR調査で第一三共が3年連続のナンバー1に輝いた。第2位の武田薬品とは僅差のままだが、3位以降との差が開きつつある。

2018/01/31

バイエル薬品株式会社 平田 美都奈 さん

バイエル薬品メディカルアフェアーズ本部で、腫瘍・血液領域のメディカルインフォメーションのマネジャーを務める平田美都奈さん。現在、短時間勤務を利用しながら、娘の育児と、仕事を両立している。

2018/01/31

大日本住友製薬 東北支店 秋田営業所 鈴木 草介 氏

実は「MR-1コンテスト」への挑戦は2度目。前回は予選落ちしたが、今回は決選に進み、優秀賞を受賞した。

2018/01/31

MRのリストラ

率直に言って、当連載で「MRがクビになる」話を取り扱うのは著者として気乗りがしない。

2018/01/31

医療ランキング

製品売上高(100億円以上)【2016年度】

オプジーボが1000億円を突破 前年度5倍増売上上位の製品をみると、トップのC型肝炎治療薬ハーボニー(ギリアド)は、薬価改定で、特例拡大再算定(=年間販売額が極めて大きい品目に対する再算定ルール)が適用され、薬価が31.7%下がったものの、16年度も大きく成長した。がん免疫療法薬オプジーボ(小野)の売上高が1000億円を突破。2015年の非小細胞肺がんへの適応拡大で、大幅に適応患者が増えたことによ...

製薬企業年間平均給与ランキング【2016年度】

第一三共が平均給与額トップに返り咲き日本製薬工業協会と日本ジェネリック製薬協会加盟の東証一部上場企業41社の社員の年間平均給与を調べたところ、唯一1100万円台に乗せた第一三共がトップに返り咲いた。平均給与1000万円台乗せは、同社、大塚ホールディングス(HD)、アステラス製薬、エーザイという、恒例の4社に、業界トップの武田薬品が加わった。前年トップの大塚ホールディングスは、僅差で2位にダウンし、...

医療用医薬品売上高(国内)【2016年度】

上位10社中減収は4社 第一三共が国内トップを奪取編集部による製薬各社アンケート(対象86社、回答65社)と決算資料、取材から16年度決算データをまとめたところ、国内医療用薬売上高上位10社中、減収となったのは4社にとどまった。16年度は薬価改定年のため、企業経営にマイナスの影響を及ぼすとの見方が一般的だが、新薬を持つ企業の躍進が目立つなど、全体としては健闘したといえそうだ。個別企業に目を移すと、...

医療用医薬品のMR数【2017年】

MR数減少なお続くミクス編集部の製薬企業を対象に行ったMR数アンケートで、MR数はなおも減少傾向が続いていることが明らかになった。2015年以降比較可能な61社のMR数を集計したところ、15年が5万1858人(前年比633人減)、16年が5万455人(同1403人減)、17年が5万34人(同421人減)――で、16年調査の1000人超の減少に続き、今回の17年調査も400人超の減少となった。下げ幅...

世界のブロックバスター(2015年に売上高10億ドル以上の製品)【20...

ヒュミラ5年連続の首位 年商160億ドル超え世界の製薬企業が発表した16年業績から製品売上をまとめたところ、リウマチなど自己免疫疾患に用いるヒュミラ(アッヴィ)が5年連続で首位となった。16年も前年比15%増と2ケタ成長を維持し、売上は160億ドルを超えた。16年の増収額は約20億ドル、前年の増収額は約14億ドルで、毎年、驚異的な伸びをみせている。2位は、前年と変わらずC型肝炎治療薬ハーボニー(ギ...

 

 

 

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告