ニュースランキング

全日本民医連 バイエル薬品・イグザレルト問題で声明「会社ぐるみの行為は...

全日本民主医療機関連合会はこのほど、バイエル薬品の抗凝固薬・イグザレルト問題に対する声明を公表した。

2017/06/27

医療用薬4製品 新効能など追加承認

医療用医薬品4製品が6月26日、新効能など追加する承認を取得した。承認されたのは次のとおり(カッコ内は一般名、製造販売企業)。

2017/06/27

アッヴィ・フェリシアーノ社長 19年にオンコロジー領域参入 担当MRを...

アッヴィ合同会社のジェームス・フェリシアーノ社長は6月27日に東京都内で開いた記者懇談会で、2019年にオンコロジー領域に参入すると表明した。

2017/06/28

大日本住友 ナパブカシンの胃・食道胃接合部腺がん適応の承認申請を事実上...

大日本住友製薬は6月26日、将来の国際戦略品と位置付け開発中のがん幹細胞性阻害薬ナパブカシン(開発コード:「BBI608」)について、胃または食道胃接合部腺がんの承認申請を事実上断念することを明らかにした。

2017/06/27

厚労省 添付文書の「原則禁忌」「慎重投与」廃止 記載要領を改定 安全性...

厚労省医薬・生活衛生局は6月27日、医薬品・医療機器等安全性情報No.344に、医療用医薬品の添付文書記載要領の改定内容を掲載した。

2017/06/28

Monthlyミクスランキング

【PART2】増員傾向続くメディカル本部

本誌は製薬各社のメディカル部門について調査を行った。各社ともMR数が減少するなかで、メディカル部門や、そこに所属するMSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)について増員していることが分かった。【

2017/05/31

【PART1】エリアマーケティング新時代

大変革を迎える地域医療。地域こそマーケティング、営業戦略のターゲットであることは間違いない。製薬各社は急速に地域に照準を合わせ、新たな地域市場の把握、商機の発掘に躍起だ。

2017/05/31

第一三共株式会社 関越支店 山梨営業所長 秋山 陽一 さん

このMRがいて、うまくいった、助かった──そんな印象に残ったMRを、毎回異なる病院薬剤部長に推薦してもらい、紹介するこのコーナー。今回の第一三共の秋山陽一さん(41歳)は、1998年に当時の第一製薬に入社、兵庫で約6年、主に開業医を担当、前任の千葉では主に病院を12年半担当し、4月に地元山梨に異動、初めて営業所長になりました。

2017/05/31

株式会社働きがい創造研究所 田岡 英明 さん

20年以上勤めたアステラス製薬を退社し、40歳を過ぎてから人材育成コンサルタント・講師へと、大胆なキャリアチェンジを遂げた田岡英明さん。転職先の人材育成支援会社FeelWorksを経て、2017年1月にはそのグループ企業で、医療関係機関や一般の中小企業を対象にした「働きがい創造研究所」を設立。

2017/05/31

武田テバファーマ株式会社 CEO兼社長 松森 浩士 氏

後発医薬品(GE)の市場浸透が加速する一方で、薬価の毎年改定の実施方針により、GEを上市すれば収益が継続的に見込める時代が過去のものになりつつある。長期収載品の減収スピードもより加速している。

2017/05/31

医療ランキング

製薬企業年間平均給与ランキング【2015年度】

大塚HDがトップ返り咲き 昇給率トップは塩野義製薬日本製薬工業協会と日本ジェネリック製薬協会加盟の東証一部上場企業社員の年間平均給与のトップに、唯一1100万円台に載せた大塚ホールディングス(HD)が返り咲いた。1000万円の大台に乗ったのは、同社ほか、エーザイ、第一三共、アステラス製薬。トップ4社は、前年と同じ顔ぶれだ。前年トップの第一三共は、僅差で3位にダウン、管理職の多い持株会社形態の大塚ホ...

製品売上高(100億円以上)【2015年度】

ハーボニー、ソバルディが1000億台 オプジーボの16年度は1260億を予想15年度のトピックスは、ギリアドの躍進。経口C型肝炎治療薬の「ハーボニー」「ソバルディ」の売上高が1000億円超でそれぞれ、1位、3位にランクインした。がん領域では中外の「アバスチン」が14%増の938億円、アステラスの「イクスタンジ」も75.8%増の262億円だった。注目は、小野薬品の「オプジーボ」。748%増の212億...

医療用医薬品売上高(国内)【2015年度】

調査方法及び注釈◯調査:各社アンケート(対象79社)及び決算資料で業績が確認できた社を集計◯IFRS(国際会計基準)による記載:武田薬品、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、中外製薬、小野薬品、参天製薬◯*は薬価ベース◯大塚HD、中外製薬、鳥居薬品、協和発酵キリン、ノーベルファーマは15年12月期◯マルホ、富士製薬は15年9月期◯久光製薬は16年2月期◯扶桑薬品は非連結◯第一三共は日本カンパニー(...

世界のブロックバスター(2015年に売上高10億ドル以上の製品)【20...

ヒュミラとハーボニー 年商100億ドル超え世界の製薬企業が発表した15年業績から製品売上をまとめたところ、抗リウマチ薬ヒュミラ(アッヴィ)が引き続き4年連続で首位を守った。前年比で12%増と、2ケタ成長を維持し、売上は140億1200万ドルまで膨らんだ。増収額は約14億ドルだった。そして、15年もギリアドによるC型肝炎治療薬の販売が好調に推移。売上2位に躍進したのは、経口C型肝炎治療薬ハーボニー(...

医療用医薬品売上高【2014年】

C肝のギリアド トップ10入り医療用医薬品売上に見る企業業績の近年の傾向として、特許失効や欧米での価格圧力などの影響で、同売上トップ10社の常連企業のランキングが乱高下していることがある。これまでの主力品 の特許切れ影響を次期主力品でカバーできている企業、なかなかカバーしきれない企業があるなか、14年はアンメットメディカルニーズに応える革新的新薬に よって業績を急伸させた企業があった。それは経口C...

 

 

 

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

6月号特集
(Promotion)

エリアマーケティング新時代

地域戦略強化、

総力戦で商機を捉える

 

 

6/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

6月号特集
(Promotion)

エリアマーケティング新時代

地域戦略強化、

総力戦で商機を捉える

 

 

6/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告