ニュースランキング

MR認定センター・近澤事務局長 「MRは今までの延長線上では通用しない...

MR認定センターの近澤洋平事務局長は2月21日、東京都内で開催したセンターミーティングで、MRを取り巻く環境について「本当の厳しさがいよいよやってきた。覚悟を決めなければならない時代を迎えてた」と指摘した。

2017/02/22

アステラス・田中営業本部長 地域戦略強化に向けMR改革 MRは員数の議...

アステラス製薬の田中信朗・執行役員営業本部長は、このほど本誌のインタビューに応じ、これまで進めてきた支店・営業所の再編に続き、MR改革を進め、地域戦略を強化すると強調した。

2017/02/21

塩崎厚労相 薬価改革の基本方針を踏まえ「製薬産業は護送船団をやめるべき...

塩崎恭久厚労相は2月18日、東京都内で開催された日本医療政策機構主催「医療政策サミット2017」で基調講演し、「医療の質を上げ、医療の生産性をあげる改革を徹底的に行う」と述べ、社会保障給付費100兆円のうち、40兆円の医療と10兆円の介護について成長と好循環を実現するモデルの構築に注力する考えを強調した。

2017/02/20

薬食審 3月2日に第一部会 新薬5成分を審議 塩野義の小児AD/HD薬...

厚労省は3月2日に新薬の承認の可否などを検討する薬食審・医薬品第一部会を開催する。

2017/02/17

薬食審 3月3日に第二部会 新薬5成分を審議 武田の多発性骨髄腫薬ニン...

厚労省は3月3日に新薬の承認の可否などを検討する薬食審・医薬品第二部会を開催する。

2017/02/20

Monthlyミクスランキング

【PART2】2年連続で第一三共がトップ

ミクス編集部が医師600人を対象に行った調査によると、医師が求めるMRのナンバー1に、2年連続で第一三共が選ばれた。

2017/01/31

MRの行動データで作るマーケティング戦略(後編)

前編では、今後更に高まる製薬業界でのマーケティングの重要性、IoTによるマーケティングの仕組みについて解説を行ってきた。今回の後半では、行動データ、つまりディテールから得られるデータを利用して、どのようにマーケティングを進めていくかを具体的に説明していく事にする。

2017/01/31

ノーベルファーマ株式会社 宮崎 篤 さん

メディパルグループからの出向で、希少疾病用医薬品を中心に展開するノーベルファーマでMRを経験。2016年から本社配属、製品マーケティングを担当する。

2017/01/31

【PART1】AI時代のMRサバイバル

MRに向けられる目はいつになく厳しい。そこにAIによる医療支援サービス開発が進み、局面がまた変わり始めている。

2017/01/31

医療ICT革命と製薬ビジネスはどのように連携するべきか?MC3.0総括...

MC3.0時代到来総括編第2回目となる今回は、医療ITイノベーションを起こす企業とのインタビューからの考察をベースに話をしていく。

2017/01/31

医療ランキング

製品売上高(100億円以上)【2015年度】

ハーボニー、ソバルディが1000億台 オプジーボの16年度は1260億を予想15年度のトピックスは、ギリアドの躍進。経口C型肝炎治療薬の「ハーボニー」「ソバルディ」の売上高が1000億円超でそれぞれ、1位、3位にランクインした。がん領域では中外の「アバスチン」が14%増の938億円、アステラスの「イクスタンジ」も75.8%増の262億円だった。注目は、小野薬品の「オプジーボ」。748%増の212億...

製薬企業年間平均給与ランキング【2015年度】

大塚HDがトップ返り咲き 昇給率トップは塩野義製薬日本製薬工業協会と日本ジェネリック製薬協会加盟の東証一部上場企業社員の年間平均給与のトップに、唯一1100万円台に載せた大塚ホールディングス(HD)が返り咲いた。1000万円の大台に乗ったのは、同社ほか、エーザイ、第一三共、アステラス製薬。トップ4社は、前年と同じ顔ぶれだ。前年トップの第一三共は、僅差で3位にダウン、管理職の多い持株会社形態の大塚ホ...

世界のブロックバスター(2015年に売上高10億ドル以上の製品)【20...

ヒュミラとハーボニー 年商100億ドル超え世界の製薬企業が発表した15年業績から製品売上をまとめたところ、抗リウマチ薬ヒュミラ(アッヴィ)が引き続き4年連続で首位を守った。前年比で12%増と、2ケタ成長を維持し、売上は140億1200万ドルまで膨らんだ。増収額は約14億ドルだった。そして、15年もギリアドによるC型肝炎治療薬の販売が好調に推移。売上2位に躍進したのは、経口C型肝炎治療薬ハーボニー(...

医療用医薬品のMR数【2016年】

国内成長鈍化と組織最適化で、目立つ外資のMR減 内資も他人事では済まされずミクス恒例のMR数アンケート調査(対象87社、回答73社)で、15年と16年で比較可能な64社のMR数を見たところ、16年は5万1475人で、1134人減。とくに外資メーカー減少が目立ち、その要因として、グローバル方針による組織最適化で、営業組織の見直しに伴う、退職や異動などをあげる。国内市場も患者数が少ないスペシャリティ型...

医療用医薬品売上高(国内)【2015年度】

調査方法及び注釈◯調査:各社アンケート(対象79社)及び決算資料で業績が確認できた社を集計◯IFRS(国際会計基準)による記載:武田薬品、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、中外製薬、小野薬品、参天製薬◯*は薬価ベース◯大塚HD、中外製薬、鳥居薬品、協和発酵キリン、ノーベルファーマは15年12月期◯マルホ、富士製薬は15年9月期◯久光製薬は16年2月期◯扶桑薬品は非連結◯第一三共は日本カンパニー(...

 

 

 

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌


 

2月号特集
(Promotion)

AI時代のMRサバイバル

Webも駆使して

実臨床のサポートを

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌


 

2月号特集
(Promotion)

AI時代のMRサバイバル

Webも駆使して

実臨床のサポートを

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告