ニュースランキング

ハーボニー配合錠の偽造品が市場流通  ギリアドが緊急の注意喚起

ギリアド・サイエンシズは1月17日、奈良県内の特定の薬局チェーンにおいてC型肝炎治療薬ハーボニー配合錠の偽造品が発見されたと発表した。

2017/01/18

厚労省・大西経済課長 製薬企業は「ヘルスケア産業」への転換を

厚生労働省医政局の大西友弘経済課長は1月19日、ユート・ブレーンセミナーで講演し、製薬企業に“ヘルスケア産業”への転換をうながした。

2017/01/20

製薬協・畑中会長 国の医療ICTで安全性情報の収集方法変わる MRの役...

日本製薬工業協会の畑中好彦会長は1月17日、東京都内で開いた定例会見で、政府が2020年度の本格稼働に向けて整備を進めている医療ICT戦略によって、「(製薬企業にとって)一番大きい変化は、医薬品の安全対策のところ」と述べ、市販後の安全性情報の収集方法が変わるとの見方を示した。

2017/01/18

24年市場予測 呼吸器疾患薬とアレルギー疾患薬 そろって18年まで市場...

富士経済はこのほど、呼吸器疾患治療薬とアレルギー疾患治療薬のいずれの市場も2018年まで毎年マイナス成長し、その後は24年まで毎年プラス成長するとの調査結果をまとめた。

2017/01/19

【速報】薬価改定告示 特例再算定のC肝薬ハーボニーは31.7%引下げ ...

厚労省は3月4日、2016年度薬価基準の全面改定を官報告示した。

2016/03/04

Monthlyミクスランキング

【PART1】2017年 医薬品産業の構造改革元年

2017年が始動した。製薬産業の構造改革がいよいよ始まる。その方向性をシミュレーションした。

2016/12/26

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 本間 政人 さん

本間政人さんの経歴は一風変わっている。厚生労働省で、医師免許を持つ医系技官として医療政策に携わってきた。

2016/12/26

【PART2】2017年開発パイプラインリスト

高額薬剤問題、毎年薬価改定など薬価制度に対して様々に議論されている。その中においても、新薬が新たな医療を切り拓くことは間違いない。(プレミア会員限定)

2016/12/26

第一三共株式会社 関越支店エリア統括第一部栃木第一営業所 課長代理 清...

このMRがいて、うまくいった、助かった──そんな印象に残ったMRを、毎回異なる病院薬剤部長に推薦してもらい、紹介するこのコーナー。

2016/12/26

【PART3】Special対談

社会保障の支え手である労働生産人口が減るなかで、どのような地域医療のグランドデザインを描くべきか。

2016/12/26

医療ランキング

製品売上高(100億円以上)【2015年度】

ハーボニー、ソバルディが1000億台 オプジーボの16年度は1260億を予想15年度のトピックスは、ギリアドの躍進。経口C型肝炎治療薬の「ハーボニー」「ソバルディ」の売上高が1000億円超でそれぞれ、1位、3位にランクインした。がん領域では中外の「アバスチン」が14%増の938億円、アステラスの「イクスタンジ」も75.8%増の262億円だった。注目は、小野薬品の「オプジーボ」。748%増の212億...

医療用医薬品売上高(国内)【2015年度】

調査方法及び注釈◯調査:各社アンケート(対象79社)及び決算資料で業績が確認できた社を集計◯IFRS(国際会計基準)による記載:武田薬品、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、中外製薬、小野薬品、参天製薬◯*は薬価ベース◯大塚HD、中外製薬、鳥居薬品、協和発酵キリン、ノーベルファーマは15年12月期◯マルホ、富士製薬は15年9月期◯久光製薬は16年2月期◯扶桑薬品は非連結◯第一三共は日本カンパニー(...

製薬企業年間平均給与ランキング【2015年度】

大塚HDがトップ返り咲き 昇給率トップは塩野義製薬日本製薬工業協会と日本ジェネリック製薬協会加盟の東証一部上場企業社員の年間平均給与のトップに、唯一1100万円台に載せた大塚ホールディングス(HD)が返り咲いた。1000万円の大台に乗ったのは、同社ほか、エーザイ、第一三共、アステラス製薬。トップ4社は、前年と同じ顔ぶれだ。前年トップの第一三共は、僅差で3位にダウン、管理職の多い持株会社形態の大塚ホ...

世界のブロックバスター(2015年に売上高10億ドル以上の製品)【20...

ヒュミラとハーボニー 年商100億ドル超え世界の製薬企業が発表した15年業績から製品売上をまとめたところ、抗リウマチ薬ヒュミラ(アッヴィ)が引き続き4年連続で首位を守った。前年比で12%増と、2ケタ成長を維持し、売上は140億1200万ドルまで膨らんだ。増収額は約14億ドルだった。そして、15年もギリアドによるC型肝炎治療薬の販売が好調に推移。売上2位に躍進したのは、経口C型肝炎治療薬ハーボニー(...

医療用医薬品売上高(国内)【2014年度】

上位10社 8社が減収 想定以上のGE拡大が長期品直撃編集部による製薬各社アンケート(対象76社、回答61社)と決算資料、取材から14年度決算データをまとめた結果、国内医療用薬売上高上位10社中8社が減収となった。業績を支えてきた生活習慣病薬が相次ぎ特許が切れ、その減収を、国策によるジェネリック(GE)の使用拡大がさらに押し下げた。減収を吸収する新薬も乏しい。これが今回の決算の背景である。製薬協が...

 

 

 

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌


 

1月号特集
(Promotion)

2017年 
医薬品産業の構造改革元年

 

製薬ビジネス
大転換のシナリオ

 

1/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌


 

1月号特集
(Promotion)

2017年 
医薬品産業の構造改革元年

 

製薬ビジネス
大転換のシナリオ

 

1/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告